総務代行Office Triangleの花澤亜弓・・・2012年、とうとう中央区は山鼻地区に進出いたしました(^^)v

  がんばれ北海道! 中小企業応援隊 Office Triangle のナビゲーター   トップページ  
当オフィスの業務内容  オフィス トライアングルHP 
  経理部シリーズ             総務部シリーズ
      THE・仕訳職人            宣伝力あげあげ塾
      THE・監査職人            はじめて社長の簿記る塾
      THE・経理課長            言葉みがき塾
      THE・経理部長
 
  月刊さんかく通信 (無料)   お申し込み
  月1回お送りするFAXレターです。
  あなたの商売のヒントになれば幸いです。
 

         ■新事務所に移転しました!■
      札幌市中央区南18条西7丁目2-35-3A

 
大きな地図で見る 
 
FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 企業ブログへ   にほんブログ村 経営ブログへ 人気blogランキングへ  
 
 

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【残念2種】

2013 - 09/19 [Thu] - 12:08


つい先だって、以前喫茶店だったお店にふら~~りと寄ってみた。

ずいぶん長いこと喫茶店だったと記憶していたのだけれど、既にそこは中華屋さんに変貌しており、女性二人のお店がイケメン揃いの店に進化していたのだった。

時代の移り変わりと言えばそれまでだけれど、少し淋しい気持ちで、でもお腹もすいていたので、えいやッと暖簾をくぐった。

中華屋さん・・・けしてラーメン屋とは書いてなかった。
でも、ランチのメニューは「中華そば」と「油そば」の二品オンリー。サイドメニューはあるものの、基本のメニューはこっきり二つ。
二つの差は、汁ありか汁なしか。

簡単に言えば、ラーメンか焼きそばか・・・選択の余地無し。
ダイエットちうだけれど、まあいっか、とイケメン兄さんのお薦め醤油味でいただいた。

煮干し出汁のラーメン、もとい中華そば。ほんのりゆずの香りがする。
たぶん・・・こだわりの味なんだろうなあ。
煮干しの出汁が好きな人にはいいのかも知れないなあ。
(だけどゴメン。煮干し出汁、ちょっと苦手なのだ)

そしてセットの餃子。皮がパリパリ・・・と言うか、厚い。
とっても厚い。もっちりパリパリとはほど遠い食感。
これはこれで好きな人もいるかも知れない。
(でもゴメン。この食感はちょっと好みじゃない)

食べ物には嗜好があるから致し方ない。
この出逢いは少しばかり不幸な結末。
でもまあ、イケメン兄さんの爽やかな接客に心癒されて、お店をあとにしたのだった・・・多分もう再び逢うことはないけど。


そしてまた別の日。
打合せの帰り道。またもやお昼を食べ損ねた私。
最近びっくりドンキー食べてないなあ・・・ハンバーグ食べたいなあ・・・
と、思っていたにもかかわらず、とっても雰囲気のあるおそば屋さん発見!

そこは住宅街のど真ん中。あやうく見逃すところだった。
お店の横には駐車場。よしよし、駐車場が分かりにくいと流石にふらっと寄るわけにはいかんもんね。

醸し出す雰囲気は、ちょっとお高めな感じのおそば屋さんで、だから多分、禁煙だけれど、美味しいおそばを頂けるなら、どってこと~~ないやい!

一歩中にはいると上品なしつらえ。
天井が高くて開放的な感じ。

おひとり様なのでカウンター席。でも全面に大きな窓。
その窓から見えるのは松の木と岩と小さな滝。枯山水・・・とまでは言わないけれど、それを模したのであろう景観。

GOODである。いや~~~~和むわ~~。天井高いし。静かだし。
そうして頂いたおそばは(予想通りビックリするほどじゃないけど、心もちお高め)、細麺だけれどコシがあって美味しい。

ああ幸せ~~~。
カウンターには素敵な大皿が飾ってあって、その眺めもまたよし。



・・・・よし??

ここでとっても残念な場面に遭遇した。
飾ってあった素敵なお皿の数々・・・ほこりだらけ(゜◇゜)ガーン

そして上品そうなお歳を召した店員さん、ニコリともせず(゜◇゜)ガーン

お昼の時間はとうにすぎて、お客さんは疎ら。
にもかかわらず、片付けられていない食べ終わったあとのお皿があっちもこっちも・・・

(゜◇゜)ガーン(゜◇゜)ガーン(゜◇゜)ガーン!!!

もう・・・折角の雰囲気も美味しいおそばもみんな台無し。

はあああああ。残念すぎる。美味しかったのに。
さよなら~~~美味しいおそば~~。

残念2種でした。



蛇足だけど。
煮干しだしラーメンの方はまだ救われる。単に私の嗜好じゃないってだけだから。おそば屋さんの方は残念すぎて、むしろ悔しいわ・・・(>_<)ヽ

関連記事
スポンサーサイト

昔の姿いまいずこ・・・

2013 - 08/30 [Fri] - 16:06

さっぽろ芸文館(旧北海道厚生年金会館)に用事があっていったら、NPO法人「北の映像ミュージアム」さんの展示場が・・・(こんなのがあるって初めて知りました)

北海道ゆかりの映画、テレビドラマなどを展示していました~ヽ(^。^)丿

「北海道と言えば『北の国から』」だけではないのよ。
結構、あっちこっちでロケもやってるし、ゆかりの映画人なんかも沢山いるのよ。
(改めてみて、その多さに驚きました・・・そういや、そうだわね~)

そして、ちょっと感慨深かったのは、黒澤明監督のお手紙。
映画「白痴」(ドストエフスキーの小説を原作に、日本を舞台にリメイクした)の舞台を、札幌にしたことについて記したもの。

当時の札幌は、日本でありながら北欧風の建物が多く、エキゾチックな不思議な雰囲気を持っていたそうです。だから、この映画を撮った当時、原作の舞台であるペテルブルクには行ったことがなかったけれども、札幌は想像した街に最も近かった、と語っています。
そして後日、実際にペテルブルクを訪れた際も、その想像を裏切らなかった・・・

しかるに現在の札幌は、当時の雰囲気は面影さえなく、日本のどこにでもある画一化された地方都市になってしまった。

ああ、勿体ない・・・

と、お手紙の中で黒澤監督は嘆いておられました。

ああ、勿体ない・・・

エキゾチックな札幌を、私も見てみたかった。
なんでもかんでも中央より・・・じゃなくても、いいのにね。

関連記事

「夜と霧 新版」読んだ・・・

2013 - 08/12 [Mon] - 09:58

知人から「読め!」とオススメされてはいたのだけれど、あまりの「重さ」に手を出しかねて・・・・いたんですが、ようやく手にとって見た。(そして1日で読了)

「夜と霧」 ←知ってる?

夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る



有名だから、ご存じの方の方が多いとは思う。
V.E.フランクルさんという、ウィーン大学医学部神経科教授で、同時にウィーン市立病院神経科部長で、かつ各地で学術講演をしたりして、要するに、まったく素人の私から見たって、精神医学の世界では「だ~~~い活躍!」していた方が、ただ「ユダヤ人である」と言うだけで、かの悪名高き強制収容所に入れられた経験を基にした本である・・・。

・・・・・ね?重そうでしょ?(実際、軽くはないんだけどもね)

フランクルさんが面白いのは、専門家として特別待遇もされず、強制収容所での殆どの期間、無名の一被収容者として過ごし、その心理の有り様をレポートしている点である。そしてこの書を「事実の報告」ではなく「体験記」であるとしている点である。

あくまで、個人的な体験。小さな苦しみ。そして、人が人としていられなくなってゆく変遷の記録、である。

そして、解放のあとに起こる残酷なまでの現実。


確かに、フランクルさんが言うように、人間には、苛烈な環境にあっても尚、人として生きる事を選択し、そのように振る舞える人が存在することは、希望である。

フランクルさん自身がそうであったように、どんな環境にあっても、どういう人であるか、を選択するのは個人のモラルである。


とは言え・・・、そんな状況になったときに、願いとは別に(理想とは別に)、「ちゃんと人間」であり続けられるか、ちぃっと自信がないぞな~~~(^^ゞ



だけど「いま」、目に見える強制収容所(人を人として扱わない環境・人間性を破壊する環境)は無いかも知れないけれど、目に見えないところではひたひたと迫ってきている気がする。

それこそ、邦題の通り「夜」の闇のように。視界を遮る「霧」のように。


取り敢えず、今私に出来ることは、
最期まで「ひと」であり続けられますように (-人-)
と祈るだけ


てへへ(^^ゞ

関連記事

折り返し地点

2013 - 07/22 [Mon] - 11:27

札幌も連日夏日で、北海道の夏はこんなに長かったかなあ~?と不思議に思う今日この頃。
真夏生まれの私も、45歳までに1ヶ月を切りました。人生折り返し地点です。

しかし考えてみれば、35歳も折り返し地点だったし、40歳も折り返し地点だったのでした。
GOALが確定していないので、どこが折り返し地点になるのか不明ですが、今の地点をそうだと仮定するなら、終点は90歳です。長生きだなあ・・・。

ここから先は、もう折り返し地点の可能性はありません。(100歳、越えちゃいますもの)
気づかないうちに既に折り返しちゃってると言う可能性もなくはありませんが、そこはまあ、誤差と言うことで片目を瞑って今と言うことにしておきましょう。

そして、新たな一歩を。

昨日、日本も大きな曲がり角を曲がったようです。これから、どうなっていくのか、確かなことは何も言えません。
けれど、楽な道のりではなさそうです。

どんな大変なことがあっても、ねばり強く、勇気と知恵で乗り越えていけますように。



関連記事

ほろ酔い談義:賞与とは・・・?

2013 - 07/19 [Fri] - 11:54

「賞与は4回だしてもいいの??」と、尋ねられた。

2週間くらい前のことである。

場所はススキノである。

つまり双方(尋ねた方も尋ねられた私も)ほろ酔いのいい加減だったのである。


「そんなもん、好きに出せばいいだろーよ」と、ちょっとだけ思ったのであるけれども、出せるか出せないかが問題ではなく、多分損か得かの話しだろう、と勝手に推測(笑)

・・・だって、ほろ酔いのいい加減で、いーかげんに聞いて、いーかげんに応えてるんだもの。


しかも実は小心者の花澤亜弓。

当たり前に、賞与を4回出してるところは沢山ある、と知りつつも、改めて聞かれると不意に心配になってきたのだった。(厳密には駄目だけど・・・ッて言うケースだってあり得るからね)


それでまあ、その場は誤魔化して(というか保留にしていただいて)調べてみた。


賞与とは~~~!!!

賞与とは、定期の給与とは別に支払われる給与等で、賞与、ボーナス、夏期手当、年末手当、期末手当等の名目で支給されるものその他これらに類するものをいいます。   』(国税庁タックスアンサーより

要するに名称の如何に関わらず、定期の給与以外のものは全部「賞与」よッて事だ。
ところが、これが社会保険になると、ちょっとずれが生じるのだ。

賃金、給料、期末手当などの名称を問わず、被保険者に労働の対償として支払うもののうち、年 3 回以下で支払うものをいいます。なお、年 4 回以上支払う同一性質のものについては、「標準報酬月額」の対象となり、「標準報酬月額」の決定・改定の際には「報酬月額」に算入します。 』(日本年金機構ちらしより)

つまり、年3回までは賞与として扱うけど、4回以上になったら標準報酬月額の対象だからねッて話だ。

標準報酬月額ッて、ざっくり言うと、保険料の等級を決めるときの基準。なので、コレが高くなれば、もちろん保険料も上がる。ご存じの通り、社会保険は従業員の給与から天引きされる分と、会社負担分とで折半である。

したがって、会社だって社会保険は上がらないに越したことはない。


そーかー!じゃあ、賞与は3回までの方が結局お得って事なのね!!



・・・ってホントかぁ?

賞与も社会保険ひかれとるわさ・・・ORL

標準報酬月額とはちょっと計算式は違うけど、賞与も社会保険の対象である。結局、3回出そうが4回出そうが、変わらず。


なんだ、つまらんのぅ。折角調べたのに。



と思ってたら、仲良しの?税理士先生がひと言。

標準報酬月額も、標準賞与額も上限があるからね~、ギリギリまで出してたら関係あるカモね~!!(^。^)』・・・だって。

上限て・・・・
報酬月額の上限って117万5千円だし、賞与だって健康保険の方は年間540万、厚生年金の方は150万ですよ。


関係ある人も世の中にはいるとは思うけども、私の周りにはそうそう居そうにないですわヽ(´・`)ノ フッ…(笑)





関連記事

 | HOME |  »

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

総務の花

Author:総務の花
またの名は花澤亜弓。
総画33画・強運

特技・ばか笑い
必殺技・ばか笑い
得意技・ばか笑い
持病・方向音痴

そんな私をよろしく(^^)v

Twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

地球の名言



presented by 地球の名言

リンク

いつでも里親募集中



仕事には直接関係はないけれど、
いのちを大切にする社会でありたい。
と、思ってリンクしました。
日本愛犬党

Facebook

お役立ちリンク

札幌タウン 全国地域情報


100万人が集まるHP

相互リンク.net
相互リンクをしてアクセスアップ!

ひとこと言いたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。